FC2ブログ

民団新西支部のブログ

オソオセヨ!民団新西支部のブログへようこそ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

在日同胞学生野球団

 韓国日刊紙『ハンギョレ』新聞に掲載された昨日(2015年2月25日)の記事一つを翻訳して紹介します。

[ユーレカ] 在日同胞学生野球団   金ヤンヒ

 
 在日同胞出身の金星根(キムソングン)ハンファ・イーグルス監督が覚えている韓国の初印象はこうである。「とにかく暑かった。山に木が1本もなかった。塀に弾丸の痕もあった。」

金監督は1959年8月、在日同胞学生野球団の母国訪問競技大会に参加して初めて韓国の地を踏んだ。『チョッパリ』と言われたりもしたが、20日ぐらい母国で生活してから彼の未来は変わった。日本に戻って韓国語の講習を受け翌年に永住帰国した。彼は「母国訪問競技がなかったら、今は違う人生を生きていただろう」と言った。

 
 在日同胞学生野球団の母国訪問競技が始まったのは1956年であった。大韓野球協会の李シンドゥク理事長は当時〈韓国日報〉に寄稿したコラムで「在日同胞学生野球団の訪問は野球普及のためにも大きな意義があるのみならず、これを機に優秀な技術を教わるようになるなら韓国の野球界に多くのプラスをもたらすだろう。」と言った。実際に、在日同胞学生野球団は果敢な走塁プレイ、バウンドのない弾丸送球など一足早い野球実力を見せてくれた。当時、同胞のチームを引率した李スジン監督は、韓国の高校チームに対して「捕手は内側、外側調節にもっと気を配るべきだし、投手はシュートがないようである。守備もボールを前の方で取らず足の方でのみ取ろうとする。バットを握るのもみんな自分勝手だ。」と指摘した。

 在日同胞学生野球団の訪問は韓国戦争の後、停滞していた高校野球に技術的にも理論的にも韓国野球がまた花を咲かせる滋養分になった。母国訪問競技はその後40年以上続いて親子が代を重ねて選手として参加した事例もあった。しかし、滞在費などの問題で1997年以降は中断された。

 3月に封切予定の実験映画〈グラウンドの異邦人〉は在日同胞学生野球団のことを描いている。母国のグラウンドの上で響いた『故郷の春』を今でも覚えて口ずさむ彼らの姿から、我々が現在忘れているのは何なのかを顧みる。


金ヤンヒ記者 whizzer4@hani.co.kr


スポンサーサイト
  1. 2015/02/26(木) 15:36:48|
  2. 私の読書メモ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

第6回オリニスキーツアー、行ってきました。^^

 2月7日(土)日帰りでスキーバスツアーに行ってきました。
 
 愛知県下9支部からオリニ63名を含む153名が参加して岐阜県荘川高原スキー場に行きました。

 新西支部からは今年オリニ15名、大人23名が参加。

 天気に恵まれて当日はまぶしいぐらいの晴天。

 スキーをやる人にも、ゲレンデの下で飲んだり食べたりする人にもこれ以上望めないほど最高の天気でした。   

              
           スキー1


 新西のオリニ達はほとんどが2回以上参加してスキーができる子供が多くて

今回スキー講習希望者は4人だけでした。

 スキー講習の準備をしているうちに滑れる子供たちはリフトに乗って上がりました。

スキー4  すきー6  スキー2  スキー3

どんどん滑るだろうと思ったら、2回ほど滑ってからみんなゲレンデの下の方で自分たちで群がって遊んでいました。

 それが昨年までとはまったく違う光景! 

 ちょっと遠くまで探検(?)に行ったり、そりで遊んだりするだけでスキーを滑ってほしいと思って連れてきた

お母さんたちの期待とは正反対。

 中には5~6回来た子供も数人いるからスキーコースに慣れすぎて(?)違う遊びが欲しかったかも。

 新西においては、今までのスキーツアーの中でいちばんスキーを滑る子供が少なかったのでは…

 それでも、今回初めて講習を受けた子供のうち一人以外はみんなリフトに乗って上がって滑りました。

スキー5 スキー7 スキー12 スキー13

すきー11 スキー14 スキー15 スキー15

ゲレンデの下では今年も美味しい食べ物が盛り沢山。天ぷらが登場したのはびっくりでしたね。

    すきー8      スキー9     すきー10

 回を重ねてだんだん規模が大きくなって、改善すべきところもいろいろ出てきました。

 スキーツアーをとおして子供たちが普段とは違う楽しみを見つけてさらに成長するように、

そして、友たちとの交流がもっと深まるようになってほしいです。





  1. 2015/02/20(金) 13:20:32|
  2. ご報告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

第6回オリニスキーツアーを迎えて

 2010年新西支部が初めて開催したオリニスキーツアーが今年で6年目になります。今年も2月7日(土)日帰りで岐阜県の荘川高原スキー場に行きます。

 1回目のスキーツアーに小学校1年生で参加した男の子が今は6年生になりました。6年間の記録(参加者名簿、スキー講習可否など)をみると子ども達の中で6年間皆勤している男の子が三人います。
 三人とも幼稚園生の時初めて参加してソリで遊んでいましたが、4年生、5年生になった今はスキーを上手に滑れるようになりました。6年の間に高校受験などで一年不参加だった子どもは受験が終わって又参加してくるし、記録をみるだけで子ども達のいろんな成長が読み取れます。 

 新西支部が子ども行事として初めて開催したイベントは2008年秋のリンゴ狩りでした。大型バス1台で長野県に行ったリンゴ狩りは楽しくて好評でした。しかし、子ども達がリンゴの木からリンゴをもぎ取ってからは他にやることがないまま自分たちで遊んでいるのをみて、せっかく一日かけて日帰りで遠出するなら何か学べることがあって思いっきり遊べる内容がよかろうと思って始めたのがスキーツアーだったわけです。

 支部が単独で開催して果たして何年続くだろうと思いながら、恐る恐る第1回目のスキーツアーに出発したのが昨日のごとく思い浮かびます。その日は名古屋を出発する前からあいにくの大吹雪。スキー場は目の前がはっきり見えないほど吹雪いた大荒れの天気でした。凍えるような寒さで、せっかく用意して行ったスープを外で温めることさえ大変だったです。昼食用でみんなに配るつもりで用意したおにぎりは凍ってしまってとても食べる気にならなかったし。それでも子どもたちは元気に雪遊びを楽しんでいました。その初回のすきーツアーに参加した子どもは20名でした。

      2010年スキーツアー1            2010年スキーツアー2
         上の写真は2010年1回目のスキーツアーの時の様子です。テントを張ろうと試みたんですが、
        強風で屋根が崩れてしまいました。
  

 その後、3回目の2012年から中村支部と共同開催になりバス2台でスキー場に行きました。4回目からは他支部の事務部長や希望者が交流して同行するようになり、5回目の昨年は民団愛知全体のスキーツアーとしてバス4台、参加者約150人という規模で開催するに至ったわけです。
 幼稚園や小学校低学年から参加してきた子ども達が上手にスキーを楽しんでいる姿をみると、こちらまで嬉しくなります。 

 じゃ、あと3日でスキーツアーです。子ども達と共にいっぱい楽しんできたいです。
 





  1. 2015/02/04(水) 17:30:33|
  2. 断想|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

韓日歴史・文化フォーラム10周年記念講演を聴いて

 1月24日(土)に民団愛知県本部会館で韓日歴史・文化フォーラム10周年記念講演がありました。 

 薩摩焼15代当主の沈壽官さんに『陶房雑話』という題目の話を聴かせて頂きました。

 自分とあまり変わらない年数の人生を生きてこられた方だったので、なおさら興味深かったです。



 沈壽官さんの話の中でいちばん記憶に残った話は、さすがの陶芸家らしく「表現」という言葉に対する定義でした。

「表現」という漢字はどちらもあらわすという意味をもっています。「表現」の『現』は人間の内面にあるものを取り出すこと、

『表』はそれを目に見える形にすることを意味するそうです。つまり、自分自身の気持ち、意志、感情を形にするのが

「表現」ということなので、芸術に従事する人に限らず、誰でも自分の思い、感情、哲学、人生に対する姿勢などを

家業や仕事という道具を使ってあらわすということです。



 なるほど!確かに仕事を通して私は自分という存在を表現しているわけです。

 私が日々事務所や家庭訪問をして会う人々とどういうふうに接しているのか、どういう形で人間関係を築いていくのか、

一つのイベントや行事をどういうふうに企画して行うのかなどなど全てが私という人の人間力の表現ということに

改めて気づかされました。                                                                


 人生のいろいろな悩みと壁と限界に立ち向かって、真剣に精一杯生きてきた方の話にはとても深い響きがありますね。

素敵な講演でした。




  1. 2015/01/28(水) 18:39:43|
  2. 日々の出会い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

施設に入った団員ハラボジを見舞ってから

 高齢団員が圧倒的に多い中、家庭訪問をするとハラボジ、ハルモニが少しずつ衰弱していく様子に気づく場合が多いです。ひと月や双月単位なら分かりにくいですが、半年や一年となりますと明らかに体の動きや話し方が違うのが見てわかります。


 団員さんの中に93歳のおじいさんがいます。91歳の奥さんが一年ほど前に別の介護施設に入ったため、一人暮らしをしていたその方の自宅を昨年10月まで毎月訪問して30分から1時間ぐらい話し相手をしたりしました。下半身が不自由で椅子に座っていることさえも苦痛になるほど弱っていましたが、冗談が好きな方で話しながらよく笑っていました。まだ体が元気だった時は自分の畑で育てた野菜を車でもってきては事務所の前に下ろして行ったことも度々ありました。昔、他県の地方本部で役員をやったことがあるそうで、民団のことをいろいろ聞いてくることも多かったです。

 
 昨年の11月からそのおじいさんが介護老人保健施設というところに入居したことをその方のケアマネに電話して分かりました。ショートステイとデイサービス、ヘルパーなど介護サービスを最大限利用しながら自宅で暮らしていましたが、もう無理という家族の判断により施設に入居せざるを得なくなったわけです。


 見舞いにその施設を訪ねましたら、四人部屋のベッドで横になっていたおじいさんが私を見て嬉しい顔で迎えてくれました。ベッドのそばに立ったまま(椅子がなかったので)しばらく話をして帰ってきました。建てられたばかりの立派な施設だったですが、どことなくそわそわした感じでした。車いすでエレベーターの前まで私を見送って下さったおじいさんの顔が寂しそうでした。


 帰り道、気が重くてなかなか元気がでない自分を奮い立たせて事務所に戻ってきました。
 願っても願わなくても私は人生の黄昏時に差し掛かったハラボジ、ハルモニ達をたくさん見守るようになります。そこで、自分に何ができるかを考えないわけにはいきません。





  1. 2015/01/23(金) 17:14:54|
  2. 断想|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。